アカデミー塾

アカデミー塾

事業計画

アカデミー塾 塾長 下家 晃典

我々が地域に根差し愛される組織として、必要とされる運動を幅広く展開していく中で、継続的に組織運営を行っていくには、新たに同じ志を持つ多くの仲間が必要であります。新入会員であるアカデミー塾生がこれからの地域を牽引する人材の一人として、LOMの歴史や先輩の意志と想いを礎に、地域社会に根差した魅力溢れる若きリーダーとして率先して行動できる他を慮る人材育成を通じ、明るい豊かな地域を創造する必要があります。

まずは、将来的に組織の中心を担う新入会員が横のつながりを大切に活力ある運動を展開していくために、アカデミー塾に所属し組織の基礎知識や活動内容を学ぶことで、統一した組織の価値観を醸成します。そして、各LOM新入会員同士が意見交換の場でもある地区協議会事業への参加意識を高めるために、粘り強い呼びかけと事業理解を深めることで、積極的な参加を図ります。さらに、アカデミー塾の集大成とするために、塾生同士が協力し合い自らの力で考えた例会を実施することで、横のつながりと自己成長を実感し、将来の有望な人材を創出します。また、卒業生から伝統や志を引き継いでいくために、卒業例会を実施し、卒業生から多くのことを学び今後の活動の糧とします。そして、地域住民に冬の祭典を活気あるものとして楽しんで頂くために、地域住民の参加意欲を高めるなかしべつ冬まつりを実施し、冬まつりを一層身近で参加しやすい魅力的な場とします。さらに、地域における我々の存在価値を高めるために、SNSでの発信や交流、例会への参加を促すことで、我々の運動への理解を通じて関心や共感を生み、会員拡大につなげます。

一年間を通して、数々の活動から意識変革と利他の精神をもち、仲間とともに自己の成長を高め合い積極的に行動する人材へと昇華を遂げ、多くの人から共感と信頼を得られる情熱をもったリーダーが増え地域に愛される組織となり、明るい豊かな地域を創造します。

<事業計画>

1.アカデミー塾生の育成

2.北海道地区協議会の各種事業への積極的な参画

3.アカデミー担当例会の企画・実施

4.卒業例会の企画・実施

5.なかしべつ冬まつり事業の企画・実施

6.会員拡大に向けた調査・研究・事業の実施


トップへ戻る