アカデミー塾

アカデミー塾

事業計画

塾長 長谷川 周栄

根室管内では中標津町以外の1市3町、全国の市町村でも半分にあたる896の市町村が2040年までに消滅する可能性があると警告されており、我々は早急に地域へ様々なイノベーションをもたらし、この問題を解決していく必要があります。しかし、近年我々の運動は会員減少によってその推進力を鈍化させており、我々は今強い気概と覚悟を持ち失敗を恐れずに突き進むことができる多くの新しいJAYCEEを必要としております。

当塾では、気概と覚悟を持って入会してきたアカデミーをこれからの中標津JCを牽引し地域を再興していく若きイノベーターへと育成するため、アカデミー塾の開催やOB諸氏との意見交換会を積極的に行い、先輩諸氏が築き上げた40年を越える歴史や伝統、責任を学び、我々の存在意義を自覚し未来へ向けて率先して行動できる意識改革と資質向上を図ります。また、志を同じうする多くのJAYCEEや地域の同志と出会い、切磋琢磨できる関係を構築するため、地区協議会の各種事業や地域の各種対外事業へ積極的に参加し、相互の連携の輪を拡げ、友情の絆をより一層深いものとし、「我々青年が地域を再興する!」という強い気概と覚悟を養います。さらに、将来のLOMを背負って立つ人材へとなるため、アカデミー自身が企画・立案・実施・検証まで行う例会の開催やLOMナイトの企画・運営を行い、例会・LOMナイトを行う重要さやJCの歴史や伝統、責任の重要さを再確認すると共に、LOMのメンバーとの友情をより一層深いものとし、強い気概と覚悟を持ち失敗を恐れずに突き進むことができる若きイノベーターへと育て上げます。

「ちょっと無理して出かけてみよう。」この積み重ねで人は経験を積み、自身を成長させる。挑戦を続けないとわからないことがある。大切な一度きりの人生。一人ひとりが強い気概と覚悟を持ち、周りの人と一緒に感動できる社会を創るために運動して参ります。

【事業計画】

1.アカデミー塾の開催                        (通年)

2.OB諸氏との意見交換会                 (3月、6月実施)

3.地区協議会の各種事業及び地域の各種対外事業への参加            (通年)

4.アカデミー塾担当例会の実施               (10月第一例会)


トップへ戻る