5月第一例会 「北方領土の未来~24キロからの想い」

5月18日(木)標津町立標津小学校にて5月第一例会「北方領土の未来~24キロからの想い」が開催されました。

まずは5、6年生の皆さんとメンバーが一緒に北方領土に関しての豆知識を含めた○×クイズに挑戦!!

今後のアプローチを含め、北方領土の問題がいったいどのように動いていくのか一緒に勉強しました。

そして、5,6年生の皆さんにグループに分かれてテーマに沿ってミーティング、そして皆さんの意見を発表して頂きました。

標津小学校 5,6年生の皆さんとの学習を通して中標津JCメンバーもこの問題の未来にいる皆さんの意見を知る事が出来た非常に充実した機会となりました。

標津小学校の5,6年生の皆さん。そして事業実施にいたりご協力を頂きました標津小学校の先生方、大変有難うございました。参加されたメンバーの皆さんもきっと北方領土問題に対しての一つの見方を発見できたのではないでしょうか。

5月第一例会は総務・広報・拡大委員会の担当例会です。担当委員会の皆さん、準備から事業実施と大変お疲れ様でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

トップへ戻る