総務・広報・拡大委員会

総務・広報・拡大委員会

事業計画

                                                        委員長 柳田 大毅

近年の社会情勢は非常に多くの変化を伴い、我々と地域の環境も変化して行く事は例外ではなく、そこには発展していく要素も含まれる一方で、個の力では解決できない問題も多く存在します。この時代と環境に翻弄されてしまい、我々の未来を切り拓く力が衰退してしまえば、次の未来が明るさを失う事は明確です。今こそ有機的な連携を強化し支え合う力によって、より一層鮮明な運動を展開する事により地域と共鳴し合う事が必要です。

まず初めに、勇猛果敢に展開し続ける事業と我々自身を知って頂く為に、躍動感に満ちた広報誌を地域社会へと発信し、実際に運動していく姿を多面的に広く報じる事で、地域の方々が共感して頂けるように務めて参ります。続いて、これから我々が向かう志を所信として表明し、関わりの深い方々に御理解を頂きより地域に深く根ざしていく為、新年交礼会を開催致します。続いて、今なお不法占拠され続けている北方領土の問題に対して、我々が地域と創り上げて来た基盤を活用し、より一層この問題を今と未来に強く投じる為に、多角的にこの問題に取り組み今後の北方領土の可能性を今一度再考致します。更に、今後もOB諸氏との有機的な連携を図り、歩んできた道のりを聴き、我々が運動をしていく上で大きな支えとする為に、OB交流例会を実施致します。続いて、これまで苦楽を共に主軸となり、我々を牽引し支え続けてくれた卒業生に、精一杯感謝の気持ちを伝え、卒業をお祝いする例会を実施致します。更に、総ての運動の支えの基盤となる為に、円滑な諸会議の運営を執り行い、総ての運動を、より一層鮮明に輝かせるよう支えて参ります。

一つの志が大切な始まりで、支え合う力によってその志は、より力強く、より鮮明に輝きを増します。その輝きを受けて地域全体が期待から共感へ変わる事で、無限の可能性を含む大きな共鳴する力となり、その力が次の世代へ残すべき未来を切り拓いていきます。

【事業計画】

1.「広報誌(躍動)の発行」                       (1月)

2.「HP」「SNS」等を利用した広報活動               (通年)

3.会員拡大活動の強化・実践・支援                   (通年)

4.「新年交礼会」の開催                    (1月第一例会)

5.「北方領土例会」の実施                   (5月第一例会)

6.北方領土返還要求運動の実施並びに意識醸成              (通年)

7.「OB交流例会」の実施                   (7月第一例会)

8.「卒業例会」の実施                    (12月第一例会)

9.「総会」・「理事会(随時)」の設営の運営        (1月、7月、12月)


トップへ戻る