未来ビジョン創造委員会

未来ビジョン創造委員会

事業計画

                                                        未来ビジョン創造委員会 委員長 島崎 広平

人口減少が持続的に進む根釧地区で中標津町も例外ではなく、微減状況にありますが、中標津町は遠方からの出張や、近隣の市町村から来町される人々が多く、今後も消費力の維持、向上が期待できます。そして、道立ゆめの森公園などの魅力的な施設や、質の高い農産物から生まれる加工品もあり、地域の魅力を発信できるアイテムは十分に存在しますが、活かしきれていない部分も多く、より個性の光る明るい豊かな地域の創造が必要です。

まずは、中標津町のアイデンティティを効果的にブランディングするために、地域の特産品や、自然豊かなロケーション、中標津町ならではの取り組みをより多くの人たちに周知できるツールを制作、公開して、認知度の向上と来町する動機作りをします。そして、自然に囲まれた地域の魅力を再発見して頂くために、美しいロケーションの中で、行政を含む各種団体と連携のもと、体験型の新たな中標津町の遊び方の可能性を見出し、地域の明るい未来ビジョンを示します。さらに、我々の活動の一番の理解者であり常日頃から支えてくれている家族に感謝の気持ちを伝えるため、メンバーの家族全員が楽しめる場を設け、笑顔溢れる交流を通し、互いにさらなる信頼と尊重し合える関係を構築します。また、我々が地域に対しより一層の共感を生む運動を展開していくために、この地域の中学生が努力の成果を発揮する伝統ある大会を運営することにより、我々の存在価値を高めます。そして、地域住民と夏祭りを共に楽しみ、共に地域を盛り上げて行くために、メンバー一丸となりこの祭りに懸命にたずさわることにより、笑顔溢れる活気ある夏祭りとします。

地域ブランディングの構築と自然環境に焦点を合わせて、さらなる魅力の再発見から、この地域を発信する新たなツールを携えた我々が、交流人口の増加とともに、新たな世界観を見出す中標津町の一歩先を見据えた未来ビジョンから明るい豊かな地域を創造します。

<事業計画>

1.魅力ある地域づくりに関する事業の実施

2.交流人口拡大への戦略構築と地域の未来ビジョンをを創造する事業の実施

3.会員の家族間親睦を図る事業の実施

4.一般社団法人中標津青年会議所旗争奪中学校野球大会の企画・実施

5.なかしべつ夏祭り事業の企画・実施


トップへ戻る