LOM活性委員会

LOM活性委員会

事業計画

LOM活性委員会 委員長 小室 淳

我々は地域の発展と自己成長を求め運動に邁進する中で、主体的に多くの課題と真摯に向き合うとともにメンバーの問題意識を高め、地域課題の解決に向け挑戦し続けることが重要です。変遷する時代に取り残されず地域の若き牽引力として常に成長を求めるとともに、地域住民の理解と共感を基盤に地域における我々の存在価値の向上から、メンバーが誇りと自信溢れる活気あるLOMへと導き、明るい豊かな地域を創造する必要があります。

まずは、地域住民に冬の祭典を活気あるものとして楽しんで頂くために、地域住民の参加意欲を高めるなかしべつ冬まつりを実施し、冬まつりを一層身近で参加しやすい魅力的な場とします。そして、我々の運動に対する住民の関心や共感を得て一層身近なものとして感じて頂くために、SNSやICTの活用方法を学び、より効果的に運動を周知することで、地域における我々の存在価値を高めるとともにLOMの運動が持つ可能性を高めます。さらに、メンバー一人ひとりの活気を礎にLOMの活性化を図るために、長時間に亘りメンバーや住民との交流を通じてLOMの魅力を理解し、志を高める例会を実施することで、運動を行う大変さや困難を楽しさに変え、メンバーの志や絆を一層強めます。また、メンバーの資質向上を図るために、即興性の高いLDアワーを実施することで、即興性の高さから発表者が自主的に練習を重ね、常にスピーチに向き合う機会を創出します。そして、地域における我々の存在価値を高めるために、SNSでの発信や交流、例会への参加を促すことで、我々の運動への理解を通じて関心や共感を生み、会員拡大につなげます。

地域や我々の抱える課題の解決に向け困難を乗り越え、地域の将来を展望する人材として存在価値が見出され誇りと自信を一層高めた時、メンバーの一人ひとりが自己成長を通じて運動を楽しさに変える人材としてLOMの活気を高め明るい豊かな地域を創造します。

<事業計画>

1.なかしべつ冬まつり事業の企画・実施

2.SNSやICTを活用してLOMの存在価値を高める事業の実施

3.対内外との横のつながり強化へ向けた運動実施とLOMの活気を高める事業の実施

4.会員の自己啓発・能力開発向上にむけた事業の実施

5.会員拡大に向けた調査・研究・事業の実施


トップへ戻る