ひとづくり委員会

ひとづくり委員会

事業計画

委員長 家政 孝徳

人口減少から連鎖する問題を抱えるこの地域は、都市部や大企業ほど大きな景気回復がありませんが、その兆しは窺うことができます。我々の永きに亘る運動を継続していかなければその兆しさえも失い、地方創生を成し遂げることはできません。希望あるこの地域に我々が存在し、地域の活性化を求められています。我々は、地域に潜在し未来を切り開く可能性を持ち、我々とともに地域を牽引できる魅力ある人財の発掘と育成が必要です。

まずは、近隣地域住民へ我々の新体制と事業の告知をするために、躍動感ある会報を発行し、我々の運動を伝播させます。そして、我々の存在価値を確立するために、SNS等を活用し、事細かく地域へ発信することで、認知度向上を図ります。さらに、我々の運動の原動力とするために、人の繋がりをもった会員拡大を行い、拡大目標に必達させます。また、我々と結びつきある方々から共感を得るために、年頭に我々の一年の覚悟を表明し、我々の運動にご協力頂きます。そして、地域を牽引できる人財を育成するために、人間力の向上や相手へ伝達する豊かな表現力を磨き、個々の魅力を高めます。さらに、我々は地域の経済人であることを自覚するために、個々の自己啓発を図り、地域経済の未来を描く経営者を育成します。また、42年の伝統を継承するために、OB諸氏と交流の場を設け、より良い関係を築きます。そして、これまでJC運動に尽力された卒業生の門出を祝うために、運動の軌跡を振り返り敬意を表し、功績を称えます。さらに、全ての運動が円滑となるために、会場設営、連絡調整、外部との協力等を行い、我々の組織を支えます。

個人の成長で養われた主体性と地域を牽引するという使命感を持った我々が、今後直面する問題を受け止め、地域を巻込み、周囲へ強く発信できる人財となり、我々と強く結びついた地域の魅力ある人財とともに、独自性が高く活気に満ち溢れた地域を創生します。

【事業計画】

1.「躍動」の発行                          (1月)

2.HP・SNS及び各メディア等を利用した広報活動          (通年)

3.会員拡大に対する調査・支援                                (通年)

4.新年交礼会の開催                     (1月第一例会)

5.人間力向上を目的とした例会の実施(LD道場)       (5月第一例会)

6.自己啓発・意識醸成に関する例会の実施           (7月第一例会)

7.OB交流例会の実施                    (9月第一例会)

8. 卒業例会の実施                     (12月第一例会)

9. 例会及び総会における3分間スピーチ(LDアワー)の実施      (随時)

10. 総会・理事会(随時)の設営と運営         (1月、7月、12月)

11. 総務に関する事項                        (通年)

12. 地域の外部事業への参加                  (福祉の集い)


トップへ戻る